2008年12月22日

仙台89ERS vs 浜松・東三河フェニックス−2日目−

仙台89ERSは、浜松・東三河フェニックスに、#1高橋憲一、#13ラシャード・タッカー、#17日下光、#41ジョー・バーバー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、84−107で、仙台89ERSは浜松・東三河フェニックスに大敗。

仙台18 <1Q> 浜松・東三河22
仙台18 <2Q> 浜松・東三河19
仙台22 <3Q> 浜松・東三河32
仙台26 <4Q> 浜松・東三河34

仙台89ERSは、第1Q開始早々にバーバーが連続でシュートを決めてリードしたものの、浜松に逆転を許した途端に、今や89ERS病とも揶揄されるほどシュートが落ち出し、前日と同じ展開で、追いつくどころか徐々に離されてしまい、このゲーム2連敗となった。

やはりボビーがいないと追い掛ける術がないというのは非常に厳しいチーム事情を物語っている。

しかし、そんなチーム状況下でも、チームハイの23得点を挙げ、バスケットカウント狙い?の速攻からの落ち着いたレイアップを決めた日下光選手はさすが89ERSのPGだと思わせた。

今の仙台には、チーム力も必要だが、大前提としてシュート力を付けて欲しい・・・それが切実な願いである。

年明け早々に埼玉戦があるが、ボビーが完全復活するとは限らないと思って、シュートの精度を上げる練習をして欲しい。
  
posted by 89ERSブースターズ at 21:32 | Comment(0) | 試合結果

2008年12月21日

仙台89ERS vs 浜松・東三河フェニックス−1日目−

仙台89ERSは、浜松・東三河フェニックスに、#1高橋憲一、#13ラシャード・タッカー、#17日下光、#41ジョー・バーバー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、72−91で、仙台89ERSは浜松・東三河フェニックスに大敗。

仙台14 <1Q> 浜松・東三河24
仙台13 <2Q> 浜松・東三河21
仙台23 <3Q> 浜松・東三河18
仙台22 <4Q> 浜松・東三河28

仙台89ERSはディフェンス、インサイド、アウトサイドとすべてが今シーズン最悪な内容だったとような気がしました。

出だしから連続してシュートを外してつまずいた前半で浜松・東三河に大きくリードを許し過ぎた仙台は、差を縮めるどころか、完全に戦意を失っているかとさえ思えた。

第1Qで犯したミスを修正できないまま、第4Qまで同じパターンでミスを連発するとは・・・。

チーム力とは言うけれど、いかにボビー・セントプルーで戦ってきたのか露呈した仙台でもあった。そろそろ本気で補強を考えたほうがいい時期に来ていると思われる。

とは言え、昨日のジャッジメントは不可解過ぎて、開いた口が塞がらないほどお粗末なものだった。
  
posted by 89ERSブースターズ at 12:45 | Comment(0) | 試合結果

2008年12月14日

仙台89ERS vs 富山グラウジーズ−2日目−

仙台89ERSは、富山グラウジーズに、#1高橋憲一、#13ラシャード・タッカー、#17日下光、#41ジョー・バーバー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、72−77で、仙台89ERSは富山グラウジーズに敗れ、本カード1勝1敗となった。

仙台22 <1Q> 富山19
仙台10 <2Q> 富山21
仙台17 <3Q> 富山24
仙台23 <4Q> 富山13

昨日の僅差ゲームを制した仙台89ERSは、ゲームの入りこそ比較的落ち着いたゲームをしていたかがに思われたが、魔の第2Qになって、富山のディフェンスに翻弄され、5分で4得点(この2Qで10得点)と決定力不足であっさりと富山に逆転を許す展開に。

後半になってもゲームの流れを掴み切れない仙台89ERSは悪いときの89ERSとなり、第4Qで5点差まで詰め寄ったものの、残り時間わずかの富山のFTミスを確実にモノに出来なかった仙台の自滅パターンで試合終了となった。

長距離砲(3P)を欠く仙台89ERSにとって、本カードを1勝1敗で終えたことはヨシとするべきなのかもしれない。
  
posted by 89ERSブースターズ at 16:07 | Comment(0) | 試合結果

2008年12月13日

仙台89ERS vs 富山グラウジーズ−1日目−

仙台89ERSは、富山グラウジーズに、#1高橋憲一、#13ラシャード・タッカー、#17日下光、#41ジョー・バーバー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、78−76で、仙台89ERSは富山グラウジーズに勝利。

仙台15 <1Q> 富山18
仙台21 <2Q> 富山13
仙台18 <3Q> 富山16
仙台24 <4Q> 富山29

ゲームの入りはもたついていた仙台だったが、第2Qで逆転すると、いい意味でも悪い意味でも本来の仙台に戻り、前半は仙台リードで折り返し、第3Qは膠着するものの何とかリードを保ち、第4Qの富山から猛追から逃げ切った。

エース・ボビーの欠場で心配された仙台だったが、富山のシュート精度の悪さに助けられたものの、チーム力で勝ち取れたのは大きかったと言えるだろう。
  
posted by 89ERSブースターズ at 22:12 | Comment(0) | 試合結果

2008年12月06日

仙台89ERS vs 滋賀レイクスターズ−2日目−

仙台89ERSは、滋賀レイクスターズに、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セント・プルー,#41ジョー・バーバー,#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、71−80で、仙台89ERSは滋賀レイクスターズに惨敗。

仙台16 <1Q> 滋賀19
仙台17 <2Q> 滋賀21
仙台 9 <3Q> 滋賀16
仙台29 <4Q> 滋賀22

仙台89ERSは、ゲームの入りからリズムに乗り切れず、ズルズルと悪い流れを引き摺ったまま、滋賀に追い付けず、頼みのボビーが負傷退場とあっては、決定力不足の89ERSには成す術なし。

「フリースローは決まらず」
「3Pシュートも決まらず」
「パスミスも多いし」

今日は仙台89ERSのシーズン当初からの課題が露呈した完全自滅パターンだった。

そもそも、昨日のオーバータイムでの辛勝自体が仙台89ERSの今の現状を物語っているのかもしれない。

素直に1勝1敗だったからヨシ!と言えなくなってきた。

#12佐藤真哉の負傷に続き、#22ボビーも負傷で欠場を余儀される事態となれば、他の選手でカバーしなければいけないのは当然だが、今の戦力状態を見る限りではとても安穏としていられる状況でないのは明らかだ。

これ以上、現戦力以上の働き(#8勝又が思った以上に試合感がないのは誤算です)を求めるとケガ人を出す可能性もあり、シーズン途中だが、戦力補強も本気で考えなければならないように思えるのは私だけだろうか?
  
posted by 89ERSブースターズ at 18:31 | Comment(0) | 試合結果

仙台89ERS vs 滋賀レイクスターズ−1日目−

仙台89ERSは、滋賀レイクスターズに、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セント・プルー,#41ジョー・バーバー,#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、95−88で、仙台89ERSは滋賀レイクスターズに勝利。

仙台21 <1Q> 滋賀13
仙台22 <2Q> 滋賀28
仙台20 <3Q> 滋賀23
仙台17 <4Q> 滋賀16
仙台15 (OT) 滋賀 8

出だしはリズムがよく成功しましたが、自分たちのミスから自滅する時間帯もあり、どちらかといえば滋賀に苦戦したゲームだったが、今シーズンの仙台89ERSの特徴なのか嫌なムードのオーバータイムに突入。今シーズンのオーバータイムは全て敗戦というジンクス?の仙台89ERSは今シーズン初のOT勝利だった。

オーバータイムの5分間で課題のフリースローが9/10と決められたことで勝つことができ、フリースローで勝ったといえるだろう。中でも#22ボビーが全部決めたのは大きかったといえるだろう。

欲を言えば、オーバータイムに行く試合ではなく、第1Qのリードをキープしなければならないゲームで、ミスの連発(ターンオーバー20・・・滋賀も同じ20だったが)で苦しい時間帯を作ったのは課題だろう。

今回は審判に勝たせてもらった感も否めなかったが、それにしても、毎度毎度、不可解なジャッジは何とかならないものだろうか。
  
posted by 89ERSブースターズ at 11:05 | Comment(0) | 試合結果
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。