2009年01月27日

#13ラシャード・タッカー選手契約解除⇒#0ロドニー・ウェブ選手契約譲渡

1月27日、仙台89ERSは、#13ラシャード・タッカー選手の契約解除と#0ロドニー・ウェブ選手の富山グラウジーズからの契約譲渡を発表。

このところ安定感を欠いていたラシャード・タッカー選手は、体調が回復しなかったことが要因でしょうが、シーズン当初から思ったより89ERSの動きにフィットしない感もあり、早々に補強の声があがるなど、苦しい試合をしていた89ERSのシーズン途中での契約解除は苦渋の決断だったと思われます。とナーバスになっても仕方がなく、プロの世界だと改めて思い知らされます。

さて、代わって新加入するのは、25日のオールスター戦に出場していた現役bjリーガー「#0ロドニー・ウェブ選手」。

#0ロドニー・ウェブ (Rodney WEBB)

■ポジション :PF
■身長/体重 :201cm/105kg
■生年月日 :1983年8月5日

富山グラウジーズからの契約譲渡となったウェブが加入することで、今シーズン2Pシュートがひどい状況(リーグ最下位)だったので、特にインサイドでの期待が高まります。

クリスとウェブがゴール下を支配できれば、3Pシュートも積極的に狙えると同時に、今までクリスと共にゴール下で頑張っていたボビーの負担が軽減できる上、バーバーも本来のポジションで活躍できるなど、ウェブの加入で上げ潮に乗りたいところです。
  
posted by 89ERSブースターズ at 20:59 | Comment(0) | 89ERSニュース

2009年01月18日

仙台89ERS vs 新潟アルビレックスBB−2日目−

仙台89ERSは、新潟アルビレックスBBに、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#41ジョー・バーバー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、65−90で、仙台89ERSは新潟アルビレックスBBに大敗。

仙台17 <1Q> 新潟23
仙台17 <2Q> 新潟25
仙台 7 <3Q> 新潟27
仙台24 <4Q> 新潟15

仙台はゲームの入りから躓き、修正するとかしないとか終始、新潟に圧倒され、昨日とは別チームかと思うほどだった。

甘いディフェンスそしてシュートが入らないのでは、もはや1Q分の30点差を追い付くどころのレベルではないだろう。

今日の仙台は、勝ちに行くという雰囲気がコート上から伝わってこなかったのは何だろうか?

連勝できないストレスは、チーム、選手達にはもちろんあるだろうが、ブースターから「補強」という声が聞かれる通りだろう。

現在の仙台の順位はイースタンリーグ3位だが、他チームの勝敗に委ねられて、辛うじて3位にさせてもらっている感も否めない。
  
posted by 89ERSブースターズ at 16:01 | Comment(0) | 試合結果

2009年01月17日

仙台89ERS vs 新潟アルビレックスBB−1日目−

仙台89ERSは、新潟アルビレックスBBに、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#41ジョー・バーバー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、91−79で、仙台89ERSは新潟アルビレックスBBに勝利。

仙台23 <1Q> 新潟19
仙台18 <2Q> 新潟15
仙台29 <3Q> 新潟18
仙台21 <4Q> 新潟27

仙台89ERSは、新潟の自滅?に助けられた感もあったが、仙台ペースで試合運びができたのではないだろうか?今日の仙台はアシスト22という数字からもわかるようにボールが回り、シュート精度が高かったらハイスコアゲームになったかもしれない展開だった。

先週の東京戦(第2戦目)では”仙台らしさ”の兆しがあったが、ようやくといったらいいだろうか、チームとしてフィットしてきたと思うのは私だろうか?
  
posted by 89ERSブースターズ at 17:15 | Comment(0) | 試合結果

2009年01月12日

バスケットボールの基礎知識[携帯版]リニューアル

バスケットボールの基礎やルールなどを掲載した「バスケットボール基礎知識[携帯版]」をリニューアルしました。

▼QRコードはコチラ▼



メニューは次の通りです。

┣基礎知識
┣パーソナルファウル
┣テクニカルファウル
┣バイオレーション

観戦に行けばわかりますが、バスケットボールの試合は、攻守の展開が思った以上に早い上に、いろいろなファウルがあり、基本的なルールやファウルを知ることで、よりバスケットボールを楽しめるはずです。

携帯へブックマークしておけば試合会場でも大活躍ですね!
  
posted by 89ERSブースターズ at 17:34 | Comment(0) | 日記

2009年01月11日

仙台89ERS vs 東京アパッチ−2日目−

仙台89ERSは、東京アパッチに、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#41ジョー・バーバー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、89−86で、仙台89ERSは東京アパッチに勝利。

仙台24 <1Q> 東京12
仙台18 <2Q> 東京22
仙台23 <3Q> 東京19
仙台24 <4Q> 東京33

昨日の屈辱を胸に強い意志で望んだ仙台は、第1Qで東京アパッチをかく乱し、ペースを握り、逆転を許すことなく(第4Qで東京の猛追に遭うも)逃げ切った。

今日の仙台は、相手ディフェンスのスペースを落ち着いて攻めていて、やらされているオフェンスではなく、状況に応じたオフェンスが機能(ボールが小気味よく回っていたのがアシスト25という数字にも表れていた)していたし、東京のバタバタ感でわかるようにディフェンスも機能していた。

このところ1勝1敗ペースの仙台だが、今日のような攻守+シュート精度UP+真哉選手の復帰(練習は再開し、今週には出場の噂はあったが)で、連勝できる雰囲気が出てきたように思える。
  
posted by 89ERSブースターズ at 16:27 | Comment(0) | 試合結果

仙台89ERS vs 東京アパッチ−1日目−

仙台89ERSは、東京アパッチに、#1高橋憲一、#13ラシャード・タッカー、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、72−83で、仙台89ERSは東京アパッチに敗れた。

仙台13 <1Q> 東京19
仙台19 <2Q> 東京24
仙台19 <3Q> 東京22
仙台21 <4Q> 東京18

仙台89ERSは、序盤から東京アパッチに主導権を握られ、最後まで追い切れず、2009年初ホームゲームを大勢の89ERSブースターの前で白星を飾ることができなかった。

ディフェンスからのファーストブレーク、リバウンドからのファーストブレークで、ことごとく東京にイージーシュートを打たれ、ディフェンスに走っていた仙台の2名とオフェンスに走っていた東京の3名とでは無理もありません。

仙台はシュート精度(特にゴール下)が極端に悪く、前半で大勢が決まっていた感も否めなかった。

会場が騒然(殺気?)とした原因となった第4Qのルーズボールは明らかにラインクロスしていたにもかかわらず、東京ボールのジャッジ・・・(HC、選手はもちろんのこと、ブースター席(奥の席)からもはっきりと東京・青木の片手がラインオーバーしてました)・・・不可解です。ゲームを作為的に作っていると思われる行為と思われても仕方ないジャッジは、bjリーグの将来が危惧されます、ハイ。しかも延々と協議してもめてたのに、審判から何の説明もない(見ていて何様?と)。
  
posted by 89ERSブースターズ at 12:53 | Comment(0) | 試合結果

2009年01月05日

仙台89ERS vs 埼玉ブロンコス−2日目−

仙台89ERSは、埼玉ブロンコスに、#1高橋憲一、#13ラシャード・タッカー、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、85−78で、仙台89ERSは埼玉ブロンコスに勝利し、このカードを何とか1勝1敗とした。

仙台25 <1Q> 埼玉15
仙台13 <2Q> 埼玉12
仙台18 <3Q> 埼玉21
仙台12 <4Q> 埼玉20
仙台17 <0T> 埼玉10

仙台89ERSは、第1Qで勢いよろしく埼玉に10点リードしたものの、第2Qではやはりシュートが入らず(埼玉も同じで助けられた感もあるが)、後半でのリカバリーを期待したが、ズルズルと前半の貯金を使い果たし、オーバータイム(今シーズン何度目?)に突入。仙台は着実にボビーのFTで加点し、何とか勝利を収めることができた。
  
posted by 89ERSブースターズ at 22:54 | Comment(0) | 試合結果

2009年01月04日

仙台89ERS vs 埼玉ブロンコス−1日目−

仙台89ERSは、埼玉ブロンコスに、#1高橋憲一、#13ラシャード・タッカー、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、75−80で、仙台89ERSは埼玉ブロンコスに敗れ、2009年のスタートを白星で飾れなかった。

仙台24 <1Q> 埼玉22
仙台17 <2Q> 埼玉14
仙台12 <3Q> 埼玉19
仙台22 <4Q> 埼玉25

年末からケガで欠場していた#22ボビー・セントプルーがスターティングで復活した仙台89ERSだったが、前半こそリードしたものの、後半に埼玉に逆転を許すと、好機のシュートミスも目立ち、余裕のない攻守となり、埼玉ペースのままゲーム終了。

スコアだけをみれば、ディフェンスが効いていたとも言えるが、シュート精度が勝敗を分けたゲームだったと思う。
  
posted by 89ERSブースターズ at 21:13 | Comment(0) | 試合結果
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。