2009年04月30日

89ERSのボビーセントプルーがベスト5を受賞!

2008-2009シーズンの各賞受賞選手及び受賞チームが発表され、仙台89ERSからはボビーが、ベスト5(フォワード部門)を受賞!

89ERSブースターの一人としては、2年連続の「ベストブースター」を狙っていたのですが(笑)

ベスト5は2年連続で受賞(昨シーズンは、センター部門でワーティーが受賞)したので喜ばしいことです。

残る受賞は、プレイオフ最優秀選手(プレイオフMVP)!

ん〜、可能性は全くないわけじゃないので、可能性がある限り、89ersの選手達にはアツい戦いをして欲しいと強く願う今日この頃です。
  
posted by 89ERSブースターズ at 23:10 | Comment(0) | 89ERSニュース

2009年04月27日

祝!#54クリス・ホルム選手、最多リバウンド受賞!

#54クリス・ホルム選手が、2年連続のゴードン選手を抑えて、2008-2009シーズン最多リバウンド賞を受賞。

1試合平均15.6本(総リバウンド811本、52試合出場)は、まさに仙台89ERSのゴール下の支配人でした。

言い換えれば、今シーズン最強のセンターだと思うし、昨シーズンのワーティに続いて、ベスト5に選ばれるのではないかと秘かに期待。

セミファイナルもリバウンド王の活躍に期待大!
  
posted by 89ERSブースターズ at 09:39 | Comment(0) | 89ERSニュース

2009年04月26日

2008-2009シーズン最終戦を2連勝で飾る!

2008-2009シーズンの全52試合が今週で終了し、仙台89ERSはシーズン最終戦をホームで新潟と対戦。

4月25日(土)の試合結果は、104−96で、仙台89ERSは新潟アルビレックスBBに勝利。

仙台20 <1Q> 新潟26
仙台27 <2Q> 新潟18
仙台34 <3Q> 新潟22
仙台23 <4Q> 新潟30

4月26日(日)の試合結果は、90−78で、仙台89ERSは新潟アルビレックスBBに勝利。

仙台21 <1Q> 新潟19
仙台24 <2Q> 新潟15
仙台28 <3Q> 新潟20
仙台17 <4Q> 新潟24

仙台89ERSは、過去、最終戦に勝星がつかず、いわばジンクスとなっていたが、今週はキッチリ2連勝し、気分よく試合後のイベント(集合写真撮影やサイン会)に参加できた。

とは言え、仙台89ERSは、今シーズン相性が良くない東京とセミファイナル(5月9日、10日)を行うので、まだまだ気が抜けないが、ひとまずシーズンお疲れ様でした。
  
posted by 89ERSブースターズ at 19:05 | Comment(4) | 試合結果

2009年04月19日

仙台89ERS vs 東京アパッチ−2日目−

仙台89ERSは、東京アパッチに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、82−71で、仙台89ERSは東京アパッチに勝利。

仙台14 <1Q> 東京16
仙台18 <2Q> 東京14
仙台26 <3Q> 東京23
仙台24 <4Q> 東京18

出だしから両チームとも得点が入らず、約3分間、無得点状態が続く落ち着きがない展開となり、ようやく仙台に得点が入ったのは約5分後の#1高橋憲一の3Pと、序盤から超ロースコアゲーム。

重たい雰囲気の中、第2Qに入ってまもなく東京に相性がいい?#32松田大地の投入で、徐々に仙台ペースとなり、オフィシャルタイムアウト後には遂に逆転。その後、東京に再逆転を許すが、今日の89ERSは昨日の89ERSにあらず・・・大地効果?で再度逆転し、前半を僅差ではあるが、東京に2点リードで折り返した。

後半に入り、第3Qは両チーム一進一退の固唾を呑む展開で、仙台は東京に何とか5点のリードを奪うものの気が抜けない状況は変わらず。

最終Qに入り、徐々にではあるが、仙台がリードを広げるものの、相手は個人技では仙台に勝る東京(と言われている)だけに、89ERSブースターとしては、胃が痛くなりそうな状況を脱するほど安心できるリードではなかったが、#32松田大地の粘着質なディフェンスで、東京の猛追を振り切れたことはセミファイナルに望みを繋げる光が見えてきた感がした。

仙台89ERSにとって、東京アパッチ戦で2連勝を目標としていながら、結果的には、1勝1敗となり、自力でのカンファレンス2位が不達となったが、東京とは、セミファイナルで対戦することは確実なだけに、ゲームの出だしと、締め時を間違えなければ(セミファイナルは試合時間が短いので、選手のコンディションはもちろんだが、ベンチ采配が鍵となるだろう)、必ずやファイナルに行けると信じてやまない。
  
posted by 89ERSブースターズ at 16:58 | Comment(4) | 試合結果

仙台89ERS vs 東京アパッチ−1日目−

仙台89ERSは、東京アパッチに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、83−103で、仙台89ERSは東京アパッチに完敗。

仙台26 <1Q> 東京25
仙台10 <2Q> 東京26
仙台21 <3Q> 東京25
仙台26 <4Q> 東京27

カンファレンス2位の東京と3位の仙台との直接対決は、第1Qこそ一進一退の攻防戦となったものの、第2Qから東京のデフェンスが機能し、仙台はボールが回らず、打ったシュートはことごとく外し、オフェンスリバウンドも東京に許すなど、前半15点のビハインドで折り返すことに。

後半になり、序盤からボビーやホルムがインサイドを攻め加得するものの、東京も応酬し、第3Qもじわりじわりと点差が広がった。第4Qになると大量点差に守られた東京の勢いは衰えず、終盤はベンチプレーヤーでゲームする余裕を見せた東京の完勝だった。

仙台はチームプレーが身上とは言え、シーズン途中からメンバーを入れ替えるなど、ディフェンス力より、むしろオフェンス力でディフェンスの穴をカバーするチームとなっているが、そのディフェンスの穴をオフェンスでカバーできれば接戦に持ち込むこともできたのだろうが、如何せん、昨日の仙台89ERSは、シュート成功率が悪く、ディフェンスの穴の分だけ東京にリードを許してしまうなど、攻守ともにゴール下を東京に支配され完敗だった。
  
posted by 89ERSブースターズ at 11:43 | Comment(0) | 試合結果

2009年04月12日

仙台89ERS vs 埼玉ブロンコス−2日目−

仙台89ERSは、埼玉ブロンコスに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、91−66で、仙台89ERSは埼玉ブロンコスに勝利して2連勝。

仙台24 <1Q> 埼玉21
仙台26 <2Q> 埼玉9
仙台16 <3Q> 埼玉15
仙台25 <4Q> 埼玉21

仙台は、埼玉のレジー・ウォーレンが欠場していた優位性もあり、各Qとも埼玉にリードを許さず、終わってみれば25点差という大差で勝利した。

特に第2Qの攻守は圧巻で、埼玉に思ったようなゲーム運びをさせず、このQだけで17点リード。

後半に入ると、仙台89ERSは、主力メンバーをベンチに戻し、今までプレイタイムに恵まれなかった#8勝又や#32松田に代えて戦う。

埼玉にとっては猛追のチャンスとも思われたが、ベンチメンバーがリードを死守し、最後までリードを守り切った仙台がこのカード2連勝をものにした。

2位の東京も富山に2連勝したため、仙台とのゲーム差は依然として2ゲーム。仙台にとって、来週のホームでの東京との直接対決でゲーム差を縮めたいところだ。
  
posted by 89ERSブースターズ at 16:27 | Comment(0) | 試合結果

2009年04月11日

仙台89ERS vs 埼玉ブロンコス−1日目−

仙台89ERSは、埼玉ブロンコスに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、88−80で、仙台89ERSは埼玉ブロンコスに勝利。

仙台18 <1Q> 埼玉23
仙台20 <2Q> 埼玉24
仙台24 <3Q> 埼玉11
仙台26 <4Q> 埼玉22

仙台は今シーズン最後のアウェイ戦となり、セミファイナルをホームで戦う(リーグ2位以上)べく、アウェイ戦であっても、しっかり勝ちたいところだが、前半は、埼玉ペースで9点ビハインドで折り返す厳しい展開となった。

しかし、バスケットボールは最後までわからないもので、後半早々に埼玉のレジー・ウォーレンがケガで退場してから形勢が仙台ペースとなり、第3Qの残り約5分で同点、そして逆転すると、仙台は最後まで埼玉に逆転を許すことなく8点差で逃げ切った。

浜松、東京とも勝利したため、ゲーム差は変わらないが、今シーズンの順位を占う意味で明日の試合は大事な一戦となるのは間違いないだろう。
  
posted by 89ERSブースターズ at 21:04 | Comment(0) | 試合結果

2009年04月05日

仙台89ERS vs 浜松・東三河フェニックス−2日目−

仙台89ERSは、浜松・東三河フェニックスに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、79−88で、仙台89ERSは浜松・東三河フェニックスに敗れた。

仙台22 <1Q> 浜松・東三河13
仙台12 <2Q> 浜松・東三河19
仙台19 <3Q> 浜松・東三河23
仙台26 <4Q> 浜松・東三河33

仙台は前半、僅差だが34-32と2点リードしたが、後半になって雑なプレーが多くなり、特に第4Qはアウトサイドからのシュートがほとんど入らなくなり、浜松にリードを引き離され、そのまま試合終了。

ディフェンスが機能したとしても、シュートが入らないとバスケットボールという競技は勝てないという典型的なゲームだった。

ともかく仙台にとっては浜松相手に最低目標の1勝1敗はクリアした。初戦を獲ったことで大やけどに至らずに済んでヨシっといったところだろう。

次週は、今シーズン最後のアウェイ戦(埼玉戦)だが、埼玉もプレイオフ進出の最後のイスを目指して、タフなゲーム展開になると思うので、昨日、今日のようなミスショットは減らして欲しいものだ。特に今日の試合での#17日下の3Pがまったく入らないといったことは絶対に避けて欲しいところだ。。
  
posted by 89ERSブースターズ at 20:01 | Comment(2) | 試合結果

2009年04月04日

仙台89ERS vs 浜松・東三河フェニックス−1日目−

仙台89ERSは、浜松・東三河フェニックスに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、98−94で、仙台89ERSは浜松・東三河フェニックスに勝利。

仙台24 <1Q> 浜松・東三河22
仙台28 <2Q> 浜松・東三河17
仙台28 <3Q> 浜松・東三河27
仙台18 <4Q> 浜松・東三河28


浜松に勝利すればプレーオフ進出(順位確定はまだだが)がかかってした仙台は立ち上がりから気合いの入ったプレーで前半を13点リードし、後半に入ると前半シュートを落としまくっていた浜松もようやくシュートが入りだすも仙台も負けじと入れ合う展開となり、第3Q終了時点で仙台が浜松に14点リードとした。

ところが、第4Qに入ると、仙台のシュートが落ち気味となり、残り1分30秒で浜松に逆転される。

しかし、残り24秒で仙台が再逆転(ガーデナーのファウルアウトのおまけ付き)し、最後は昨年末に浜松から契約解除され、3月に仙台に加入したジョシュ・ペッパーズが自らのフリースロー失敗後のリカバリー2Pでトドメを指し、仙台は4点差ではあるが浜松に勝利し、プレーオフ進出を決めた。
  
posted by 89ERSブースターズ at 22:42 | Comment(0) | 試合結果

2009年04月01日

bjリーグ史上初!ロドニーとボビーがサークルKサンクス月間MVPをW受賞!

bjリーグ2008-2009シーズンの3月サークルKサンクス月間MVPに#0ロドニー・ウェブと#22ボビーセントプルーが受賞。

思えば、仙台89ERSの選手が月間MVPを受賞するのは初めてでした(喜びその1)。しかも、2名同時受賞はbjリーグ史上初というからなおさら嬉しい(喜びその2)。

選考理由は、2月終了時で負け越している状況から、3月で8勝1敗と大きく勝ち越し、プレイオフ出場決定目前にまで躍進した原動力が、ウェブとボビーだったとのこと。2人だけの活躍とは言い切れないが、彼らの活躍なしに3月の成績はなかったと思うので嬉しい限りです。

  
posted by 89ERSブースターズ at 08:38 | Comment(0) | 89ERSニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。