2008年10月26日

仙台89ERS、ホーム開幕戦2日目はオーバータイムで力尽きた。

仙台89ERSは、富山グラウジーズとのホーム開幕戦(登米)2日目に、昨日と同じく#1高橋憲一、#4志村雄彦、#13ラシャード・タッカー、#22ボビー・セント・プルー,#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、73−79で、大苦戦の仙台89ERSはホーム開幕2連勝ならず。

仙台12 <1Q> 富山21
仙台21 <2Q> 富山14
仙台23 <3Q> 富山24
仙台11 <4Q> 富山 8
仙台 6 富山12

仙台89ERSは、富山グラウジーズのディフェンスに苦し紛れのシュートが目立ち、決定力がいまいち。富山グラウジーズの決定力不足に付け込めず、決着はオーバータイムに。

最後まで、決定力不足が影響した仙台89ERSは、オーバータイムで力尽きた。
  
posted by 89ERSブースターズ at 17:21 | Comment(0) | 試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。