2008年11月16日

仙台89ERS 97 vs 80 新潟アルビレックスBB−1日目−

仙台89ERSは、新潟アルビレックスBBに、#1高橋憲一、#4志村雄彦、#13ラシャード・タッカー、#22ボビー・セント・プルー,#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、97−80で、仙台89ERSは新潟アルビレックスBBに快勝。

仙台30 <1Q> 新潟18
仙台27 <2Q> 新潟25
仙台27 <3Q> 新潟11
仙台13 <4Q> 新潟26

昨日のゲームは、第1Qから仙台がペースを握れたことに尽きるでしょう。特にボビーの荒稼ぎが第1Qを引っ張ったのは言うまでもありませんでした(内心は他の選手も得点に絡んでくれたらなぁと思いつつ)。

昨日のヒーローは、何と言ってもジョー・バーバー。シーズンイン直後は、前評判とは違い、精彩を欠いていただけに、やっと本来の力を発揮してきたように思えます。

もう一人の活躍も挙げるならば、勝又英樹だろうか。これまでプレイタイムが短く、ブースターの間では心配されていたが、7得点1アシスト3リバウンドを記録し復調の兆しが少し見えてきたような気がした。

とは言え、昨日の新潟はフリースローを見事なまでに落としてくれたり、パスカットされていたり、仙台89ERSの勝利は新潟の絶不調によるところが大きいとも言え、今日のゲームで連勝しさらに勢いをつけたいところだろう。
  
posted by 89ERSブースターズ at 13:22 | Comment(0) | 試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。