2008年12月06日

仙台89ERS vs 滋賀レイクスターズ−1日目−

仙台89ERSは、滋賀レイクスターズに、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セント・プルー,#41ジョー・バーバー,#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、95−88で、仙台89ERSは滋賀レイクスターズに勝利。

仙台21 <1Q> 滋賀13
仙台22 <2Q> 滋賀28
仙台20 <3Q> 滋賀23
仙台17 <4Q> 滋賀16
仙台15 (OT) 滋賀 8

出だしはリズムがよく成功しましたが、自分たちのミスから自滅する時間帯もあり、どちらかといえば滋賀に苦戦したゲームだったが、今シーズンの仙台89ERSの特徴なのか嫌なムードのオーバータイムに突入。今シーズンのオーバータイムは全て敗戦というジンクス?の仙台89ERSは今シーズン初のOT勝利だった。

オーバータイムの5分間で課題のフリースローが9/10と決められたことで勝つことができ、フリースローで勝ったといえるだろう。中でも#22ボビーが全部決めたのは大きかったといえるだろう。

欲を言えば、オーバータイムに行く試合ではなく、第1Qのリードをキープしなければならないゲームで、ミスの連発(ターンオーバー20・・・滋賀も同じ20だったが)で苦しい時間帯を作ったのは課題だろう。

今回は審判に勝たせてもらった感も否めなかったが、それにしても、毎度毎度、不可解なジャッジは何とかならないものだろうか。
  
posted by 89ERSブースターズ at 11:05 | Comment(0) | 試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。