2008年12月06日

仙台89ERS vs 滋賀レイクスターズ−2日目−

仙台89ERSは、滋賀レイクスターズに、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セント・プルー,#41ジョー・バーバー,#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、71−80で、仙台89ERSは滋賀レイクスターズに惨敗。

仙台16 <1Q> 滋賀19
仙台17 <2Q> 滋賀21
仙台 9 <3Q> 滋賀16
仙台29 <4Q> 滋賀22

仙台89ERSは、ゲームの入りからリズムに乗り切れず、ズルズルと悪い流れを引き摺ったまま、滋賀に追い付けず、頼みのボビーが負傷退場とあっては、決定力不足の89ERSには成す術なし。

「フリースローは決まらず」
「3Pシュートも決まらず」
「パスミスも多いし」

今日は仙台89ERSのシーズン当初からの課題が露呈した完全自滅パターンだった。

そもそも、昨日のオーバータイムでの辛勝自体が仙台89ERSの今の現状を物語っているのかもしれない。

素直に1勝1敗だったからヨシ!と言えなくなってきた。

#12佐藤真哉の負傷に続き、#22ボビーも負傷で欠場を余儀される事態となれば、他の選手でカバーしなければいけないのは当然だが、今の戦力状態を見る限りではとても安穏としていられる状況でないのは明らかだ。

これ以上、現戦力以上の働き(#8勝又が思った以上に試合感がないのは誤算です)を求めるとケガ人を出す可能性もあり、シーズン途中だが、戦力補強も本気で考えなければならないように思えるのは私だけだろうか?
  
posted by 89ERSブースターズ at 18:31 | Comment(0) | 試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。