2009年03月01日

仙台89ERS vs 新潟アルビレックスBB−1日目−

仙台89ERSは、新潟アルビレックスBBに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、103−84で、仙台89ERSは新潟アルビレックスBBに圧勝。

仙台25 <1Q> 新潟25
仙台23 <2Q> 新潟15
仙台28 <3Q> 新潟24
仙台27 <4Q> 新潟20

アウェイ@新潟戦の1日目は、仙台が出だしのファウルトラブル(#0ウェブと#54クリスがファウル2つづつ)で、序盤から嫌な展開を予感させたが、チーム全体でうまくボールを動かして得点につなげ、前半で8点リードで折り返した。

後半は両チームの点の取り合いとなり、今までの仙台だとミスから自滅するパターンが多かったが、この日の仙台は、インサイドもアウトサイドのオフェンスバランスがよく、いつになくシュートの精度が増し、新潟に追い付かれることなく、落ち着いてゲーム運びができていたような気がした。

終わってみれば、仙台にとっては久々の100点ゲーム。

#12佐藤真哉以外の選手が得点に絡み(#32松田大地の得点にはベンチ、ブースターも興奮。印象的だったのは浜口HCの満面の笑み)、チーム全員でゴールに攻めた結果のハイスコアだった。おそらく今シーズンチームハイの28アシストという数字から見ても内外にボールが回り、シュートがよく入ったことがわかるだろう。

この日はシンプルな攻撃が勝った仙台が新潟を圧倒したと言えるが、昨日と今日とでは別チームに化す(笑)ことが多い仙台は、今日の新潟戦にどのように望むのか期待半分、不安半分である。
  
posted by 89ERSブースターズ at 10:39 | Comment(0) | 試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。