2009年03月01日

仙台89ERS vs 新潟アルビレックスBB−2日目−

仙台89ERSは、新潟アルビレックスBBに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、76−75で、仙台89ERSは新潟アルビレックスBBに辛勝でアウェイ@新潟戦を2連勝とした。

仙台17 <1Q> 新潟21
仙台18 <2Q> 新潟12
仙台22 <3Q> 新潟23
仙台19 <4Q> 新潟19

仙台は昨日とは別チームと化し(?)、出だしからペースを新潟に掴まれ、第1Qの7分まで得た得点はフリースローの7点のみ(この時点で11点のビハインド)。仙台がやっとフリースロー以外の得点が入ったのは、意外性の男#8勝又が放った2P(残り2分30秒位のところ)。その後、新潟のシュートミスも手伝ってか、仙台もシュートを入れ何とか4点差までに縮め、首の皮が繋がった感があった。第2Qも新潟のミスが目立ち、仙台は前半2点リードで折り返せた。

後半は、両チーム拮抗し、ストレスが溜まる展開で、ゲームの行方は、レフリーのみぞ知る(笑)嫌なジャッジに苦しめられた感もあり、最終Qの後半は、シュートの打ち合いといえば聞こえはいいが、はっきり言えば、シュートの落とし合いといっても過言ではないほど、両チームともシュートを落としていました。

各クウォーターの点数表示だけを見れば、緊張感があるシーソーゲームに捉えられるかもしれないが、内容をみると、傷の舐め合いといった感も否めない試合だった。

とは言え、仙台にとっては、アウェイ戦の第1クルー東京戦での2連敗を、今週の新潟戦2連勝で5分に戻せたのは、来週の高松戦に多少精神的負担が軽くなった(1勝1敗できる)ことは大きい。

まかり間違って高松戦を2連勝して勝率5割以上でホーム戦を迎えられたら・・・(ニヤッ)・・・獲らぬ狸の皮算用は止めておきましょう。
  
posted by 89ERSブースターズ at 18:02 | Comment(0) | 試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。