2009年03月15日

仙台89ERS vs 大阪エヴェッサ−1日目−

仙台89ERSは、大阪エヴェッサに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、89−86で、仙台89ERSは大阪エヴェッサに劇的勝利。

仙台23 <1Q> 大阪16
仙台20 <2Q> 大阪21
仙台19 <3Q> 大阪30
仙台27 <4Q> 大阪19

仙台89ERSは、ホームではまだ白星が獲れない大阪との戦いに、出だしから気合い十分(?)でいつものようにシュートがあまり落ちず、前半は何とか持ちこたえたが、後半に入ってから徐々に大阪ペースの展開にもっていかれ一気に逆転を許し正直負けてもおかしくない内容だった。特に第3Qの出だしに大阪を止められなかったのは課題を残した。

ところが、第4Qの残り3秒のプレイは劇的な瞬間だった。大阪のディフェンスに完全に動きが決められてた中、ボビー⇒日下⇒ペッパーズ(劇的なブザービーター)の連携は圧巻で、あの局面で決められる能力を加入早々に見せ付けたのだから、それができる人が加入したのは仙台にとって大きいと言えるだろう。

ただ、ペッパーズのディフェンスは大阪のオフェンスには対応していないこともあって、仙台は途中ディフェンスパターンを変えるなど工夫をしたものの、大阪に苦戦したのは事実で、攻撃オプションの選択肢が増えた反面、ディフェンスに課題を残したので、これから残り試合、そしてプレイオフを見据えて、どのように修正していくのか浜口HCの手腕に掛かっている。

それにしても、最後のブザービーター後の揺れんばかりの大歓声に、加入早々ゲームMVPを獲得したジョシュ・ペッパーズはさぞかし驚いただろう。

『Welcome to SENDAI!!!』
  
posted by 89ERSブースターズ at 11:20 | Comment(0) | 試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。