2009年03月15日

仙台89ERS vs 大阪エヴェッサ−2日目−

仙台89ERSは、大阪エヴェッサに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、96−106で、仙台89ERSは大阪エヴェッサに連勝ならず。

仙台23 <1Q> 大阪28
仙台19 <2Q> 大阪32
仙台20 <3Q> 大阪25
仙台34 <4Q> 大阪21

仙台89ERSは、昨日の課題であったディフェンスを修正して挑んだはずが全く機能せず、大阪に好き放題にシュートを入れられ、仙台のシュートはことごとく落ち、終始、大阪ペースで試合が決まった。

仙台は第4Qに猛追を試みるも、10点差まで詰め寄るがやっとで、最大29点差を追い付けるほどバスケットボールは甘くなかった。

仙台は前半から#54クリスがファウルトラブルに見舞われる不運もあったが、それも昨日のゲームでも兆候があったし、実際にそういう戦略が大阪にあったのは事実だっただけに、攻守ともに仙台の戦略がどうだったのかは不明だが、意図的な戦略に嵌った仙台には大阪に勝てる内容ではなかった。

とにかく、今日の89ERSは、ディフェンスが全く機能せず、オフェンスも単調で、イージーショットも外すなど、いかに昨日の勝利がまぐれだったのか露呈した格好となった。

昨日も思ったのが、#17日下のプレイタイムが極端に減り、#4志村のプレイタイムが長くなっているような・・・あのアグレッシブなプレイスタイルを起点にもっと速い展開も有効だと思ったのだが、本来ディフェンスでスローダウンさせるべきだったのに、オフェンスでスローダウンした結果、肝心のシュートが入らないのでは点差を埋めるどころかワンサイドマッチになるのは明らかだった。

今シーズンの89ERSは、生中継の試合だと勝てないというジンクスは本当かもしれない(活躍するのが恥ずかしいのだろうか・・・特に日本人選手!)。
  
posted by 89ERSブースターズ at 16:51 | Comment(3) | 試合結果
この記事へのコメント
またまた、書き込み致します。

昨日は、劇的な逆転劇、良かったです。
けど、終始、大阪ペースのように思え、ホームアドバンテージでなんとかという気がします。
今年初の5連勝は、大変嬉しいですが。
つい先日、泥臭くても勝てば良いとコメントしたのは、私ですが欲が出てしまい・・・

今日は、ウォームアップ時から、少し変な感じがしました。
なぜか、見せるバスケをしている。
確かに、たかがウォームアップでしたが、これまで何度か足を運んでいましたが、これまでとは違う雰囲気が。
ノッているチームだから?!?!
その辺りは、意図的なものや気分高揚といった類のものであれば、いいのですが。


試合はというと、第1Qは、何とか食らいついていったものの、第2Qに入ってからは、89ersのシュートはゴールに嫌われるものの、大阪のシュートはスパスパ決まるイヤな展開・・・
この躓きは、後半戦も続き、何とか10点差まで縮めたものの、”時すでに遅し”と言った感が否めなかった。

89ersブースターズさんが言うように大阪との違いを見せられた試合となりました。

出だし、#54ホルム選手のファウルトラブルに加え#17日下選手のファウルトラブルもあったように思えます。
代わりに入った、#4志村選手のアグレッシブな動きはありました(観客席に飛び込むと言うナイスファイトなど)が、早々のパスミスは改善すべきところじゃないでしょうか。

求めてはいけないのかもしれませんが、#22ボビー選手にもう少し得点を、#54ホルム選手にはリバウンドを。
かなり、各チームにおいてスカウティングしていることでしょうから、研究されているとは思いますが・・・
そこは、言ってはいけないのでしょうか。

その一方で、#0ウェブ選手が、他の選手との連携が取れ得点源になってきているのが、良い点ですね。
他には、#17日下選手の去年よりも得点力up!
#12真哉選手のしつこいディフェンス!
などなど、良い部分もたくさんありますが。


今日の試合で言えば、浜口HCの開幕前からの”ディフェンス重視(と、私はとれたのですが違いますか)”とは、程遠い試合内容。
大阪のペースに乗ってしまったような。
出だしは、シュートが決まり、一進一退の展開ですが、シュート力の勝る大阪には太刀打ちできず。

今後は、試合展開と言ったところでも、ベンチワークの手腕が問われる部分じゃないでしょうか。

今日は、かなり辛口なコメントをしてしまいましたが、来週の大分戦には修正し、良い試合、かつ試合を期待します。
Posted by まもなく40歳です。 at 2009年03月15日 23:12
いつもコメントありがとうございます。

アウェイで貯金を作り、補強もうまく行っているようですので、チームとして乗っているのは確かだと思います。

しかし、アップ中も然り、プレイ中も魅せるバスケ(特にプレイ中はノールックパスとかアリウープなど#1が顕著ですね)を展開し、相手ボールになることがありますね。

今シーズンの89ersは序盤からリズムに乗れずに5割に留まることが精一杯(それでも踏ん張れたのは評価できますが)で、ウェブの補強から、クリスとバーバーの動きに切れが出てきたので、もう少しハイスコア志向になってもいいのでは?という声もちらほらと聞こえてきます。

とはいえ、インサイドだけでは得点が伸びませんので、やはり、#1、#12の3Pの精度を上げて欲しいです。

昨日の試合で#12がペイントエリアに突入したり、#1が大阪デフェンスを引きつけパスを出したり考えてバスケしているプレーもありましたので、外国人だけに頼らず、考えてパス出しをして欲しいです。89ersはパスは回るんです。ただ、何となく回っているようにも思えます。目的意思を持って、瞬間の判断力を研ぎ澄まして強いパス回しをして欲しいです。何となくボールを受け取って時間がないからシュートって・・・そりゃ入らんです。

ディフェンスも重要ですが、バスケはゴールに入らなければ得点にならないので、オフェンスのオプションも増えてきたはず・・・89ersにはオールスター選手(過去出場選手も含め)が5人いるんだから。

今週末の大分戦で2連勝できないと2位以上はかなり難しくなってくるので、シュート練習は目的を持ってしっかりやって欲しいです。
Posted by at 2009年03月16日 08:46
返信、ありがとうございます。

89ersブースターズさんがおっしゃる通り、昨日の試合では、#1憲一選手や#12真哉選手のインサイドプレイも見られ、少し変わったかなと思わせるようなプレイもあり、幅が出てきたように感じます。

確かに、3Pの精度が上がることも必要ですが、ミドルレンジからもシュート成功率もあげて欲しいです。
これに関しては、#0ウェブ選手が積極的に取り組んでいるように思えますし、#54ホルム選手は、HC自らの指導(確認)がゲーム前にあり、ゴール下の力強さは頼もしいです。

まずは、今週末の大分戦で、また、連勝開始!!といくことを願います。

私事ですが、非常に残念ですが両日共に仕事のため、応援に行けません。
息子も残念がってました・・・


ワンプレイ毎を大事にプレイし、一人一人が他のプレイヤーを活かしつつ、自分も活きるようなプレイを目指し、最終的には”勝つ試合”を見せて欲しいです。
Posted by まもなく40歳です。 at 2009年03月17日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。