2009年04月04日

仙台89ERS vs 浜松・東三河フェニックス−1日目−

仙台89ERSは、浜松・東三河フェニックスに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、98−94で、仙台89ERSは浜松・東三河フェニックスに勝利。

仙台24 <1Q> 浜松・東三河22
仙台28 <2Q> 浜松・東三河17
仙台28 <3Q> 浜松・東三河27
仙台18 <4Q> 浜松・東三河28


浜松に勝利すればプレーオフ進出(順位確定はまだだが)がかかってした仙台は立ち上がりから気合いの入ったプレーで前半を13点リードし、後半に入ると前半シュートを落としまくっていた浜松もようやくシュートが入りだすも仙台も負けじと入れ合う展開となり、第3Q終了時点で仙台が浜松に14点リードとした。

ところが、第4Qに入ると、仙台のシュートが落ち気味となり、残り1分30秒で浜松に逆転される。

しかし、残り24秒で仙台が再逆転(ガーデナーのファウルアウトのおまけ付き)し、最後は昨年末に浜松から契約解除され、3月に仙台に加入したジョシュ・ペッパーズが自らのフリースロー失敗後のリカバリー2Pでトドメを指し、仙台は4点差ではあるが浜松に勝利し、プレーオフ進出を決めた。
  
posted by 89ERSブースターズ at 22:42 | Comment(0) | 試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。