2009年04月05日

仙台89ERS vs 浜松・東三河フェニックス−2日目−

仙台89ERSは、浜松・東三河フェニックスに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、79−88で、仙台89ERSは浜松・東三河フェニックスに敗れた。

仙台22 <1Q> 浜松・東三河13
仙台12 <2Q> 浜松・東三河19
仙台19 <3Q> 浜松・東三河23
仙台26 <4Q> 浜松・東三河33

仙台は前半、僅差だが34-32と2点リードしたが、後半になって雑なプレーが多くなり、特に第4Qはアウトサイドからのシュートがほとんど入らなくなり、浜松にリードを引き離され、そのまま試合終了。

ディフェンスが機能したとしても、シュートが入らないとバスケットボールという競技は勝てないという典型的なゲームだった。

ともかく仙台にとっては浜松相手に最低目標の1勝1敗はクリアした。初戦を獲ったことで大やけどに至らずに済んでヨシっといったところだろう。

次週は、今シーズン最後のアウェイ戦(埼玉戦)だが、埼玉もプレイオフ進出の最後のイスを目指して、タフなゲーム展開になると思うので、昨日、今日のようなミスショットは減らして欲しいものだ。特に今日の試合での#17日下の3Pがまったく入らないといったことは絶対に避けて欲しいところだ。。
  
posted by 89ERSブースターズ at 20:01 | Comment(2) | 試合結果
この記事へのコメント
久々に書き込みさせて頂きます。

vs浜松戦(2戦目)、行って来ました。
息子と声を高々に張り上げ、応援しましたが、残念な結果となりました。
大阪戦、浜松戦、連勝ストッパー(応援に行くと負ける)になってます・・・

前半はディフェンスが機能して、得点を抑え(相手シュートがゴールに嫌われている感はありましたが)、89ersは確立が浜松に比べて高いといったペースで前半リードで折り返し。
後半の入りも、いつにも増してリズム良いものとなったものの、3Q途中から、#17日下選手が言う通り、”悪い時間帯”が長かった。。。

こうなってしまえば、相手に良い様にやられ、ファールゲームするも一向に点差が縮まらず、THE end。
浜松#5の3Pを2本立て続けに決められ、点差を縮められたときに、策が欲しかったものです。
あそこから、完全に流れが行ってしまった・・・

けど、悲観ばかりではありませんでした。
前日にプレイオフ進出は、”非常に嬉しい!!”ことでした。
まだまだ、勢いはあると思いますので、残り6戦全勝、2位以上でのホームでのプレイオフを目指し、応援していきたいです。

Posted by まもなく40歳です。 at 2009年04月07日 00:18
>まもなく40歳です。さんへ

コメントありがとうございます。
日曜日はbjtvでの観戦でしたが、土曜日はしっかり会場でブーストしてきました!

これで最低ノルマ(笑)のプレイオフ進出を決めたわけですので、あとは貪欲に2位以上を狙うべくしっかりしたバスケをして欲しいです。

プレイオフを含めると残り10試合(自分の中では有明に行く気になっています)。昨年、有明に忘れてきたモノを取り返すために選手も戦っているはずですので、ブースターとしては、選手にアトゥ〜い応援をしていこうと思っています。

もう内容がどうのこうのと言ってる場合じゃなく「氣」(←楽天のスローガンですけど)ですね。

そう!『オールコート氣』で行きましょう!
Posted by at 2009年04月07日 11:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。