2009年04月11日

仙台89ERS vs 埼玉ブロンコス−1日目−

仙台89ERSは、埼玉ブロンコスに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、88−80で、仙台89ERSは埼玉ブロンコスに勝利。

仙台18 <1Q> 埼玉23
仙台20 <2Q> 埼玉24
仙台24 <3Q> 埼玉11
仙台26 <4Q> 埼玉22

仙台は今シーズン最後のアウェイ戦となり、セミファイナルをホームで戦う(リーグ2位以上)べく、アウェイ戦であっても、しっかり勝ちたいところだが、前半は、埼玉ペースで9点ビハインドで折り返す厳しい展開となった。

しかし、バスケットボールは最後までわからないもので、後半早々に埼玉のレジー・ウォーレンがケガで退場してから形勢が仙台ペースとなり、第3Qの残り約5分で同点、そして逆転すると、仙台は最後まで埼玉に逆転を許すことなく8点差で逃げ切った。

浜松、東京とも勝利したため、ゲーム差は変わらないが、今シーズンの順位を占う意味で明日の試合は大事な一戦となるのは間違いないだろう。
  
posted by 89ERSブースターズ at 21:04 | Comment(0) | 試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。