2009年04月12日

仙台89ERS vs 埼玉ブロンコス−2日目−

仙台89ERSは、埼玉ブロンコスに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、91−66で、仙台89ERSは埼玉ブロンコスに勝利して2連勝。

仙台24 <1Q> 埼玉21
仙台26 <2Q> 埼玉9
仙台16 <3Q> 埼玉15
仙台25 <4Q> 埼玉21

仙台は、埼玉のレジー・ウォーレンが欠場していた優位性もあり、各Qとも埼玉にリードを許さず、終わってみれば25点差という大差で勝利した。

特に第2Qの攻守は圧巻で、埼玉に思ったようなゲーム運びをさせず、このQだけで17点リード。

後半に入ると、仙台89ERSは、主力メンバーをベンチに戻し、今までプレイタイムに恵まれなかった#8勝又や#32松田に代えて戦う。

埼玉にとっては猛追のチャンスとも思われたが、ベンチメンバーがリードを死守し、最後までリードを守り切った仙台がこのカード2連勝をものにした。

2位の東京も富山に2連勝したため、仙台とのゲーム差は依然として2ゲーム。仙台にとって、来週のホームでの東京との直接対決でゲーム差を縮めたいところだ。
  
posted by 89ERSブースターズ at 16:27 | Comment(0) | 試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。