2009年04月19日

仙台89ERS vs 東京アパッチ−1日目−

仙台89ERSは、東京アパッチに、#0ロドニー・ウェブ、#1高橋憲一、#17日下光、#22ボビー・セントプルー、#54クリス・ホルムのスターティング5で望んだ。

試合結果は、83−103で、仙台89ERSは東京アパッチに完敗。

仙台26 <1Q> 東京25
仙台10 <2Q> 東京26
仙台21 <3Q> 東京25
仙台26 <4Q> 東京27

カンファレンス2位の東京と3位の仙台との直接対決は、第1Qこそ一進一退の攻防戦となったものの、第2Qから東京のデフェンスが機能し、仙台はボールが回らず、打ったシュートはことごとく外し、オフェンスリバウンドも東京に許すなど、前半15点のビハインドで折り返すことに。

後半になり、序盤からボビーやホルムがインサイドを攻め加得するものの、東京も応酬し、第3Qもじわりじわりと点差が広がった。第4Qになると大量点差に守られた東京の勢いは衰えず、終盤はベンチプレーヤーでゲームする余裕を見せた東京の完勝だった。

仙台はチームプレーが身上とは言え、シーズン途中からメンバーを入れ替えるなど、ディフェンス力より、むしろオフェンス力でディフェンスの穴をカバーするチームとなっているが、そのディフェンスの穴をオフェンスでカバーできれば接戦に持ち込むこともできたのだろうが、如何せん、昨日の仙台89ERSは、シュート成功率が悪く、ディフェンスの穴の分だけ東京にリードを許してしまうなど、攻守ともにゴール下を東京に支配され完敗だった。
  
posted by 89ERSブースターズ at 11:43 | Comment(0) | 試合結果
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。